運営者:しかたなすびの自己紹介

(※この記事は、2020年7月18日に更新しました。)

f:id:shikatanasubi:20200602170805j:plain

こんにちは。
当ブログ「1年でライトノベル作家デビューを目指す」を運営しているしかたなすびと申します。

私はファンタジー小説や漫画が好きで、ライトノベル作家を志しています。

しかし、私は根性無しなので、絶対に努力が続かないと言い切れます。

そのため、こうやって人の目に自分の文章を晒すことで、モチベーションを高めようと思い、ブログを始めました。



まずは私の簡単なプロフィールを……

  • アラサー男性
  • ファンタジー小説好き
  • 愛読書は週刊少年ジャンプ
  • 仕事嫌い。飲み会嫌い。

ライトノベルとの出会い

私はもともと読書が好きな子どもだったようで、小学生の頃は『ズッコケ三人組』とかを図書室で借りて読んでいました。

そして本格的に「剣と魔法の世界」が好きになったきっかけは、『スレイヤーズ!』だったと思います。

ある日、姉の本棚で見つけたんです。

リナの竜波斬に興奮し、ガウリイの超一流の剣術に憧れ、それはもうめちゃくちゃはまりました。



しかし、姉の本棚には第一巻しかなく、第二巻以降がない。

続きがどうしても読みたいものの、『スレイヤーズ!』のアニメ調の表紙から、子どもながらに「恥ずかしい」と思ってしまい、親に買ってほしいとはなかなか言えず。

困った私は市の図書館に要望を出しました。



私「『スレイヤーズ!』の小説を図書館に置いてほしいです!」

図書館「OK! 小説じゃなくて漫画なら買ったよ!」



小説が読みたいって言ったじゃん……。めちゃくちゃショックだったのを今でも覚えています。



結局、恥を忍んで親に頼み、『スレイヤーズ!』の続きを買ってもらいました。

そこから「剣と魔法の世界」に魅了され、いつまでも経ってもその世界から卒業することができず、今に至ります。



小説を書こうと思ったきっかけ

学生の頃の私にとっては、本はとても高価なものでした。

1冊500円以上はするんですもん。

そこで私がはまったのが、無料のウェブ小説でした。



自分の好きな作品を探すうちに、いつの間にかファンタジー作品ばかりを読み漁っていました。

高校ではガラケーで「モバゲー小説」を読んでいました。

大学では「小説家になろう」を読み漁りました。

そうして漠然と「小説好き。小説書いてみたい。」そう思うようになりました。

でも、小説なんて簡単に書けるものでもなく、結局、1篇の小説も書けないまま大学を卒業し、社会人になります。



仕事嫌い。飲み会嫌い。

一生けん命に働いていましたが、「好きなことを仕事にできたらいいのに」という現実逃避の考えが浮かんできます。

でも、私自身、仕事にしたいほど好きな物事もなく、悶々とした日々を過ごします。

そうして特にきっかけもないまま、「小説を書いてみようかな」とまた思うようになりました。

そして今に至ります。



当ブログで実現したいこと

私の目標は次の3つです。

  1. ライトノベル作家デビューすること
  2. このブログをたくさんの人に読んでもらい、私が気持ちよくなること
  3. このブログを読んだ人に「明日も頑張ろう」と思ってもらうこと


「自分はひとかどの人物である」と、私は私自身を肯定したいのです。

私の文章をこうしてネットに晒すのですから、誰かしらに良い影響を与えたいものです。



さいごに

最後になりましたが、当ブログは「1年でライトノベル作家デビューを目指す」です。

1年として期限を区切ったのは、おそらく私の努力は1年以上は続かないからです。

頑張りますね。

デビューできたらいいな。